eスポーツで人気が高いFPSは?プロの賞金総額は?

オーバーウォッチ

FPSはeスポーツの中で最も人気の高いジャンル。
その人気はYoutubeなどでプロが実況を載せると再生回数が急上昇するほど。

そんなeスポーツのプロたち…。
一体どのくらいの賞金をもらってるの?

この記事で分かること

  • eスポーツに採用されてるFPSの人気タイトル
  • FPSで稼いでいるプロの賞金総額

今回はeスポーツの中でも1番賞金が高そうなFPSについてご紹介します。

eスポーツのFPSとは

eスポーツのFPSとは

eスポーツ界でよく話題に上がるのが「FPS」というジャンルです。

FPSとは、一人称視点のシューティングゲームの事で、「First Person shooter」の頭文字をとって「FPS」と呼ばれてます。

主人公の目線になってゲーム内を移動することが出来ます。

独特の緊張感やスリルがあり、競技性の高いジャンルのゲーム。

オンライン対戦のかなり熱い。

eスポーツに採用されてる人気FPSは

eスポーツに採用されてる人気FPSは

eスポーツに採用されているFPSは人気の高い海外製のゲームが多いです。

代表的で日本でも人気の高いゲームはこちら。

  • Call of Duty Black opsIII
  • Counter-Strike: Global Offensive
  • H1Z1
  • オーバーウォッチ

eスポーツの人気FPS「Call of Duty Black opsIII」

eスポーツの人気FPS「Call of Duty Black opsIII」

eスポーツFPSの中でも王道!

Call of Duty Black opsIIIは簡単にいうと銃撃戦ゲーム。

前作のⅡより40年が経過した2065年が舞台になってます。

前作よりも軍事技術がさらにUPして、兵士の体が機械化した強い人間同士が戦う物語に。
画面もめっちゃきれいで鮮明さがあります。

また、Call of Duty Blackシリーズでは初となる最大4名までのオンライン協力プレイが可能になりました!

eスポーツの人気FPS「ounter-Strike: Global Offensive」

eスポーツの人気FPS「ounter-Strike: Global Offensive」

カウンターストライクシリーズは、特殊部隊とテロリストの2チームに構成されていて、勝利を競い合うストイックなのが人気です。

硬派なゲームなので常に生まれる緊迫感!

eスポーツFPS中もだいぶ緊迫感のある試合になりますよね。

最初は誰でも苦戦するような複雑なゲームなので、初心者にはあまりおすすめ出来ませ
ん。

eスポーツの人気FPS「H1Z1」

eスポーツの人気FPS「H1Z1」

H1Z1はデスマッチのFPSで最大150人のプレイヤーが戦う最大級のバトルロワイヤルゲームです。

プレイヤーがマップ上空の任意の位置からパラシュート降下することで試合開始!
eスポーツFPSでも広大に広がる景色が画面に引き込まれてしまいそう。

つい長時間プレイしてしまいあっちの世界の戦闘住民になってしまいます。

eスポーツの人気FPS「オーバーウォッチ」

eスポーツの人気FPS「オーバーウォッチ」

オーバーウォッチは未来の地球を舞台に、さまざまな特殊能力を持つヒーローとなって、6人ずつのチーム対チームで対戦するゲーム。

eスポーツFPSの中でも出てくるキャラクターが個性的ですよね。

オーバーウォッチをする人は大体お気に入りのキャラがいるのでは?

また、比較的にプレイしやすいのでFPS初心者には向いてるのではないでしょうか?

eスポーツFPSで稼いでいるプロの最高賞金額は?

FPSで稼いでいるプロの最高賞金額は?

↗ちなみに、ときどさん(プロゲーマー)は年収20.8万ドル日本円で約2200万円)なんだとか!汗

先ほど紹介した内の2つの人気ゲーム。
「Call of Duty Black opsIII」と、「Counter-Strike: Global Offensive」はeスポーツFPS大会賞金の差額がまったく違うんです。

Call of Duty Black opsIII

大会名 Call of Duty XP Championship 2016
優勝金額 100万ドル(日本円で約1億1000万円)

Counter-Strike: Global Offensive

大会名 World Electronic Sports Games 2017
優勝金額 80万ドル(日本円で約8800万円)

eスポーツFPSでこれだけの高額なお金が手に入るのは、それだけeスポーツ熱が高まっている証拠ですよね。

eスポーツFPSの賞金総額でみるとどちらが上?

eスポーツFPSの賞金総額でみるとどちらが上?

先ほどの二つの大会の賞金総額でみると、【Call of Duty XP Championship 2016】の方が上です。

賞金総額は何と200万ドル(日本円で約2億2000万円)!
びっくりですよね~!

優勝賞金も1億円以上ですが、2位以降にも賞金が発生するため、eスポーツのFPSに出場するだけでもかなりの収入になるんだとか。

ちなみに、海外の方が日本のeスポーツ大会よりも賞金総額が上です。
その理由は大会賞金額を決めるスポンサー企業が多いから!

今後日本でもeスポーツの認知度が高まって、FPSの企業スポンサーが増えれば、海外と同程度の賞金が手に入る可能性も。