Five Nights at Freddy’s VRのホラー要素は怖い?ゲーム内容をまとめて紹介!

PS VR

この記事では、Five Nights at Freddy’s VRについてご紹介します。

VRホラーをぜひ体験したい」という方は、Five Nights at Freddy’s VRがおすすめ!

Five Nights at Freddy’s VRはどんなゲーム

Five Nights at Freddy's VRはどんなゲーム

Five Nights at Freddy’s VRは、ピザ屋の夜勤警備員となって襲いかかるマスコットから逃れるホラーゲーム。

VR対応ということで、自分の目の前で起こってるホラー体験ができます。

VR版では暗い廊下や怪しげな通気口が張り巡らされたピザ屋の中を実際に歩いている不気味な体験ができます。

それは予想を上回る恐怖な体験になるんだとか。

Five Nights at Freddy’s VRのゲーム内容は?

Five Nights at Freddy's VRのゲーム内容は?

Five Nights at Freddy’s VRで体験できるゲーム内容はライト、監視カメラ、扉を駆使して襲い来るホラーなぬいぐるみから生き残るというもの。

プレイヤーは限られたライトなどの明かりを頼りに暗闇の中でプレイします。

Five Nights at Freddy’s VRのプレイモードの種類

Five Nights at Freddy's VRのプレイモードの種類

Five Nights at Freddy’s VRのプレイモードで好評されてるのは3モード。

初代作をVR使用にしたもの(FNAF1)1種類とVR用でオリジナルに用意されたものが2種類!
Five Nights at Freddy's VRのプレイモードの種類
まず、FNAF1は、警備室で監視カメラで機械人形の襲撃を警戒し朝まで過ごすというもの。

1種の肝試しの様なゲームになってます。

VRになることで、自分1人だけが不気味な空間にいる感覚に。

例えぬいぐるみが居なくても、十部に怖いです。
Five Nights at Freddy's VRのプレイモードの種類
さらにオリジナルモードでは、修理モード

音声の支持に従って不気味な人形を修理するというもの。
Five Nights at Freddy's VRのプレイモードの種類
もう1つのオリジナルモードには脱出ゲームモード。

奇妙なぬいぐるみが迫る中で仕掛けをといて生還を目指します。

仕掛け自体は難しくは無いものの、恐怖のあまり時間がかかってしまうという。

Five Nights at Freddy’s VRのホラー要素は?怖い?

Five Nights at Freddy's VRのホラー要素は?怖い?

Five Nights at Freddy’sは先ほどもいった通り、かなり不気味な世界観に。

おばけ的な怖さは無く、ファンタジーホラーって感じ。

気味の悪い世界観と不気味な音で恐怖感を掻き立てられます。

人形自体は、それほど怖く無いものの、目をそらした瞬間に人形がぎゃーっと襲いかかったり、盛大に飛び込んで来たりするのでびっくりします。

心臓の弱い方にはおすすめしません。

私が特に苦手だったのは虫が出てくるところ、VRでよりリアルな虫はホント気持ち悪い。

Five Nights at Freddy’s VRまとめ

Five Nights at Freddy's VRまとめ

Five Nights at Freddy’s VRのホラー要素やゲーム内容いかがだったでしょうか。

実際にやって見ないと分からない、Five Nights at Freddy’s VRのホラー加減やゲーム内容を少しはお分かり頂けたと思います。

Five Nights at Freddy’s VRでちょっとしたホラー体験や肝試しを一度してみてはいかがでしょうか?

その世界観にハマって戻って来れなくなるかもしれません…。